ジュエル・スピリチュアル・セラピーというのはどういう物か述べると宝石光線遠隔療法なのです

ジュエル・スピリチュアル・セラピー

初期は宝石を手に持って、直接宝石を人肌にむけていたけど、肌に当てなくても良い効力 がある事がインドのバッタチャリア博士により実証されると、
遠隔が主流になりました。 遠隔なので患者の体に指一本接触しません。

すべて宝石光線が安らぎます。
軽い症状から危険な難病に関しても何故か宝石のオーラが安らぎます。

不思議療法と言えば「密教の加持」や「気功」があります。気功は密教の分野に入ります。
密教の僧侶特権(得度)は、顕教(通常の佛教)を会得しないと受ける事ができません。

これはだめかなという、医師が見放した人まで回復する事があります。
それがあ まりにも現実離れしており、この世の出来事とは思えないので、スピリチッュアルヒーリングと命名したのです。

密教には祈りの佛教療術を持っておりそれを修め、整体術や加持祈祷術で実に多くの疾患を癒 して来たのだが、宝石光線療法は宝石オーラを写真にあてるだけで病を癒します。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする