膠原病にかかり入院しました。(手記)の直近情報を紹介中!今すぐチェック!

膠原病にかかり入院しました。(手記)の直近情報を紹介中!今すぐチェック!

同室の人は次から次へお亡くなりになっていかれます。その次はご自分の順番かな・・・とある程度決心 を見定めていたわけです。ステロイドという名の薬を服用するのだけれど、薬の苦さの割に病状が好転し ません。検査の数字が変化がないのです。 それでも三ヵ月しておけば退院しなければならないのです。 唾液腺が詰まってしまい唾がずっと出ません。 唾が出てこないと、消化力がこれまでより悪化します。自然体で胃が荒れてしまって消化剤は必儒品にな りましたが、唾が止まってしまうと、鼻水も涙も止まってしまいます。

風邪を引きやすくなるのです。1年365日風邪を引いていたが、鼻水が出てこないと涙も出な いから、瞬きが出来ません。健康的な人は何てことはないように感じていますが、唾や涙は人間 の免疫を保護をするものなのでそれが出ないとしたら、すぐ体を崩します。

家の人が、観音さんに、お百度詣りに行きました。

一回お百度を踏んでも、まだまだ治りません。更にお百度詣りに出向きました。 そうしていると、病気の状態が薄れてきたのですが、膠原病特有な気持ちの悪さはまだと れません。電車通勤やっているのですが、体調が悪くなり途中降車し、吐いて下痢して、真 っ青となって動けなくなる事もしばしばです。

唾液が発生しないと、食事を噛みしめる事も飲み込む事も行えなくなります。従業員食堂でお昼ご飯を 食べるのですが、周囲の人の三倍は時間が掛かりますから、終わらせるのを待っている友人に 悪くて、弁当はいつも5割しか口に入れないのです。

唾液が出ないので、歯がポロッと抜けてきます。健康的な人は分かりませんが、突然に歯が欠 けます。 唾液は、歯の手助けもしているのです。 涙もでなくて、いつもドライアイで、遠く所は霞んで見ることができません。 父親が亡くなり、後から追うみたいな形で母親も急逝したんです。今となっては悲しいのに、涙が出て来ない ので、悲しくても涙一杯に泣けないケースが一番辛かったことなのです。

肺と心臓に水がたまり、呼吸が困難になりました。宝石光線療法をして、観音さんに本気 で力を貸して下さいと、頼みました。そして助かりました。 神様や、佛様にお願いをする時は、まず私自身の住まい、氏名、何を依頼するのかきちんと説明しなければなりません。神様にしてもどこの誰とも理解していない人を後ろ盾することは出来ません。 頼む時はできるだけ頼むけれど、ひとときが過ぎると求めた事も忘れ去ってしまっています。 依頼された方は、いつまでも依頼された事にこだわりを持ち意識してくれていますから、体が良く なったのでお世話になりましたと、終わったことも連絡しなければいけません。

おがげさまで病気もずいぶん楽になりました。有難うございました。と口にして新らしい 千円札を感謝の意とともにお賽銭箱にいれるのです。

それがなければ、また頼まなければいけない事ができ上がってきて、その次はきつい病になりか ねません。

現代医学では、行き詰まる疾患の時は、神仏に助けてもらうのも、宇宙のエネルギ ーの凝縮である宝石から支援を得るのも、六次元宇宙の生命体にしがみ付いてしまうことになりますから、同様の事 なのです。

人間は、宇宙の申し子だと言われています。その人間が身体の調子を台無しにして人間社会でどういうわけか治 らない時、頼みにして出来るのは、宇宙のパワーではないでしょうか。 この膠原病の人には、ルビー光線と、ムーンストンの生命をお手伝いする青い光線を12か月以上おしてかけていますが、この太陽光線と青い光線は、命を育むとされていますからこの 光線で健康的復活への応援になればと、思っています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする