血小板減少症(割と多い難病です)の特別情報を紹介中!早急にクリック!

血小板減少症(割と多い難病です)の特別情報を紹介中!早急にクリック!

五八蔵のご婦人ですが、血小板減少症で1500しかない。 「輸血しかないので、想定外の覚悟をしておいた方が良いでしょう」と診療されました。 いち早く「キリストの血の石」で写真を囲み、赤色光線を照射をやり始めましたが、1000ま で下がりその後は上がり、50000を上回るようになりもうひと安心です。

十八才の女性も同じ病で、1000しかありません。輸血か骨髄移植するほかありません」と告げられ、 身近な友人が宝石療法を促しましたが、お母様が西洋医学しか信じ無く、「おまじないみたいなものは許されない」との事でしたが自らが「お願いして下さい」と言い、 お母様に内緒で照射に取り組み始めたところ、1カ月後には60000まであがり、二ヶ月後には正常 値になられました。

血小板減少症の人にはルビーとキリストの血の石光線を送りますが結果は素晴らしいようです。 割に病を患っている方が多い、たちの悪い病気のひとつです。

同じ疾患の六十五歳の男性の方ですが(先祖不供養で・・)「入院しても輸血ばかりで根本治療がない」ということですが、写真を見るとおじいさんの方で 同じ病を患っている方があり、その人が供養されているわけではないと感じ取ったので、供養するように云いまし たが、そうしてみる事によって疾病の原因が解消できたりします。 深刻な病の時は原因がすぐそこにある事が見られます。意識を向けられるとよいでしょう。

疾患の時は、おじいさんに障りがあり、その因縁で健康を害するという人が、思いのほかたくさんいらっしゃいます。 しかし、先祖というと親です。子供さんが疾患で苦しめばよいと感じている先祖はいないでし よう。 何もかにもお爺様のせいにしてしまうのは、どうかという事です。 疾患をする時は、たとえ逃げても病気をします。 神様か、仏様かはっきりとしていませんが、自分の先祖が救いにくるのでしょうが、直接手を引い て、手助けするからこちらに来いことはしないで、手助けする術を持つ人との出会いを作ってく れるのです。 よく縁があるといいます。そのコツをつくるのが、自分の先祖なのです。 それが守護霊の作用です。 守護霊はいざという時救済に来てくれるんです。深刻な病になったらそれを待ち受けるしか手立てがないのです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする