年齢とともに体が冷えてきます(女性が気をつける事)の詳細情報を紹介中!早急にクリック!

年齢とともに体が冷えてきます(女性が気をつける事)の詳細情報を紹介中!早急にクリック!

月と太陽は、あなたの精神と肉体をつくる輝きの源です。 太陽の光をそのまま受けると、今はオゾン層が破損しているので、強い紫外線の影響が強くて、余 計やる気をなくしますので、1日あたり1時間を超過してはいけません。

太陽の光の水素パワーを一杯含有するルビー光線を照射する時の注意は、一日6時間 ならいいと思いますが、それを上回ると疲労する人が増加してきます。 身体を構成する元素の六十三%が水素です。生命の原点に関わって当然です。 年齢とともに全身の酵素が減少して、冷寒や老齢化、苦痛として起こります。 K子さんは、冷たさがきつくて身体全体が痛むという事でしたが、会って見ると背部に十二歳ほどの子供が佇んでいて、寒いよ! 寒いよ! としきりに話してくるので、こんな子供を知 りませんか」と尋ねると、「はい、赤ちゃんの時に亡くしたお子さんで、実家のお母さんが供養し ていたけれど、母が永眠して五年ほど忘れていました。」 「その子のお墓が多分ひどい状態になっていますのでお骨を移動させて、埋葬しなおすることが大切です」 どなたも見る人がいない状態のお墓を引き払って、お清めに水晶玉を入れ、新墓にお骨を移し替えて 冷えはまったく無くなった。

おばあちゃんが供養して、赤ちゃんだった子供は十二歳まで育っていたのです。 霊が赤ちゃんの場合は、成長する事があるのです。 いつもの事ですが、女の人で異常に冷えて痛みが出る時は、あなたが忘れ去ってしまっている水 子や流産した経験がないか、こういう面でも意識しておきたいです。

シーモストンと、ルビー光線に、月のオレンジ光線を加え円盤を回転すると、気持ちを 安定化させたり体をあったかくする作用や、いわば除霊作用もあるので是非ともそうして下さい。 「てんかんや、うつ、統合失調症・アルツハイマー・認知症・精神神経症も試してみると、 意外性の作用があるかも知れないのです。 手に負えない疾患の時は、いくつかの療法を一緒に用いる事を考えた方がいいでしょう。 宝石療法は、何しろ新しい分野の治療法ですから、たくさんのテストを重ねないと分から ない要素があり過ぎて、目の見えない人が象の尻尾を掴んで、象とは細いものであると感じてい るのと同じ事が言えると思われます。 太陽の光熱は、黄色 (サンゴ)と赤色(ルビー)、青色(ムーン・ストーン)です。 熱波を言うのです。 逆に冷たい色の光線としては、橙色(パール)、緑色(エメラルド)があります。 藍色 (ダイヤモンド)や紫(サファイア)は中間色なのです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする