赤色光線の作用(血液の流れを良くします) 基礎~応用|あなたの課題点今直ぐ簡単解決!

赤色光線の作用(血液の流れを良くします) 基礎~応用|あなたの課題点今直ぐ簡単解決!

赤色は、トレーニング能率が下がって、精神活動が悪くなると、体がだるく、血液の巡りが酷く、手足が 冷たくて、体温が低下するので温かくするためにつかいます。 また、そんな時は薬局にブドウ糖の粉末があるのです。これを飲用したら体温が上向きます。 冬の冷たい時に赤色光線と一緒に使用すると良いです。

1・・・脳障害・てんかん・うつ

2・・・脈拍遅滞が原因の血行障害・冷え

3・・・消化不良・便秘

4・・・脳神経から来る・だるさ・疲れ・眠気・いらつき

5・・・運動神経不良から来る手と足の冷え

6・・・甲状腺・肥満・むくみ・血管・血液・毛髪の障害

赤色は太陽の光の赤い宇宙光線なので、感情の落ち込みを援助します。うつの精神障害でネガ ティブな時は、表情もうつろで目に力が見られないが、落ちこみにも波があり快復してい る波動の時に、ルビーの光線を当てると、それがきっかけになり、精神的な落ち込んでか ら回避します。パーキンソン病にも用いてみてください。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする