白血病に関しての情報サイト。白血病の最新情報を提供。

白血病

D雄さんは医療関係の勤務に就いていて、活力一杯!

仕事も好調だったけど、この1カ月ほど、疲れが出て、仕事にやる気がなくなり発熱 も継続し、ひどい夏風邪だろうと感じていたのですが、勤めている病院にて診断すると白血病との検査で、す ぐ入院しました。

三ヶ月程して血液の数値もよくなってきたので病院を出て、通院治療を推奨されましたが、いつ 再び悪化するかわかりません。

加持修法の、家でできる治療法を教 えてあげました。

6ヵ月して「ガラッと快復しましたので、お金を払いたい」とお越しになられましたが、 このお金をいただくと、また悪化したときに申しわけないからと受け取りは拒否しました。

病気治しはお金ではないのです。 その人がいかに白血病にベストを尽くして立ち向かえるかに影響を受けるからです。

白血病の中に「慢性骨髄性白血病」と言うのが見られますが、この白血病の幹細胞は一般的に ほとんど増加しないでいる、「静止期間」にあり、どんな薬も効能効果を出しにくいと言われています。

日本とアメリカの患者100人以上から骨髄を採取して、解析すると、90%以上の患者 に、PMLと言う遺伝子が強く存在して、薬が効きにくかったので、人為的にPMLをな くしたマウスをつくると、幹細胞がその時だけ活発化したと聞きます。 PMLは、白血病幹細胞活動を抑えることが、わかったとのです。

白血病と言えば、血液のガンと言われてるものですが、白血病をひき起こしてしまったマウ スに、亜ヒ酸を投与した後、抗がん剤を課したら、これがビックリするほど効き目があり、 いままでの、抗がん剤のどれよりも、作用が有ることが、試験的に解明されたといいます。

次世代の抗ガン剤として、スポットライトを浴びてましたが、どのようにして製品にするかに、問 題点があるそうです。 良い薬は、どんどん検査され、病気に苦しい思いをする人をお手伝いしてあげれば良いと考られます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする