オレンジ色光線作用(赤と黄色がセットになると体を癒す) 最新注目情報|理解できない点直ちに全て解消!

オレンジ色光線作用(赤と黄色がセットになると体を癒す) 最新注目情報|理解できない点直ちに全て解消!

熱を伴う病は原則はオレンジの輝きが癒します。

1・・・音・光・香り・感触・不満

2・・・精神の錯乱

3・・・高血圧症・貧血・ふらつき・人混みで酔う

4・・・生理過多・苦悩・子宮・卵巣などのもめごと

5・・・心の病気・てんかん・ヒステリー

6・・・出血 (痔)血管引き締め作用

7・・・心臓の諸症状

オレンジ色は、赤と黄色の併合した色ですから、赤の血液の循環を良くして体温を上げる 作用を果たします。

イエローの癒しパワーを積みかさねていますから、リンパ線の腫れた時などに緩和する働きをし ます。

イエローのもつ本来の意味は病魔のサインですが、癒し系の色でもあるわけです。一つの色は 2つも3つも効果があります。色の組み合わせで効果が決まってきます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする