弘法大師が湯治した温泉(アトピー・水虫・血栓によい)に関しての限定サイト。弘法大師が湯治した温泉(アトピー・水虫・血栓によい)の注目情報を紹介。

弘法大師が湯治した温泉(アトピー・水虫・血栓によい)に関しての限定サイト。弘法大師が湯治した温泉(アトピー・水虫・血栓によい)の注目情報を紹介。

九州の佐世保の近所に波佐見という村があり、唐で有害な皮膚病に見舞われていた弘法大 師が、皮膚病を回復させた温泉施設である。

ここのお湯は、すべすべで炭酸が溶け込んでいる。2010年4月にオープンし、 頑張っておられる。

炭酸が溶け込んでいる湯に入ると、身体にどんな改善があるか、マウスでチェックみた。 マウスの足の動脈を紐で拘束して血液の経路を閉鎖すると、足には血管の迂回路があり、 1カ月間1日10分位足を浸すと、見事にバイパスができ、毛細血管も密度がこれまでよりアップしました。

筋肉には、20分位で血液の通り過ぎるのが認識できます。 この弘法大師が湯治した温泉施設は、炭酸が溶け込み、ラジュウムまで一緒になっていることが、 湯治に一番最適とされる訳だと言っていいでしょう。泉質はすべすべで、美人を造るとされているものです。

炭酸が毛細血管を拡げ、血液に効き目があるのは、炭酸泉の特徴になりますが、高血圧症を無意識に寛 緩し、手と足の冷え痺れ感をリラックスさせます。静脈の血の色は、動脈の鮮赤と違い、ドス黒い色をしているという状況ですが、炭酸含有のお風呂に充分お湯につかると動脈と同じ鮮赤色となります。血中酸 素が増加したのです。

下半身関節がズキズキする。神経痛が痛くて…という人は、このラジュウムを含有した温泉に入り ますと、無意識に痛みを感知しなくなります。

弘法大師が癒した温泉施設の効能は、 ※糖尿病は、二カ月維持入浴するとAICが違ってくるのです。 ※アトピーは弘法大師がしつこい皮膚病を治した程ですが、この温泉の本命でしょう。 ※水虫は、痒いし、気持の悪いものですが、五日で減少されます。 ※内臓の調子が弱々しいのは、ラジュウムが代謝活動を援助します。 ※足が冷たく夏でもくつ下を履かないとなかなか寝付けない人や足が感覚を無くして歩きにくいのは、炭酸 が解消してくれます。

日本は温泉王国でどこを掘っても出ますが、血液の流れに効果が現れる炭酸を含有し、関節炎の痛 みを消し、皮膚病にも良く、おまけにすべすべする美肌湯があるのは、この草深い波佐見 にしかないものです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする