紫外線と赤外線(虹の七色以外の色) 基本~専門|理解できない点今直ぐ簡単解決!

紫外線と赤外線(虹の七色以外の色) 基本~専門|理解できない点今直ぐ簡単解決!

大気圏から来る不可視光線に、紫外線と赤外線があげられます。 赤色・橙色・黄色・緑色・青色・藍色・紫色・の基本七色は当たり前として受けとめられる色です。 紫外線はオニキス、赤外線はキヤッアイの輝きであると聞きましたが、個別に使う事はあり ません。 – オニキスは、脊髄がんに利用するとしてある冊子があるけど、日本においては問題ないだろうとさ れているだけで、しっかりとした治験はございません。 オニキスは、奥深い精神的状態の底辺を揺さぶるとされました。

「心配の種を抱き込み、悪夢を見ることとなる」とされ、ペルシヤやインドなどのヘブ ライ民族では、「一番良い究極の悪魔よけの石」とされていました。 キャッアイも、単体での見本はありません。 キャッアイは、一つの宝石の名前だとは言い切れません。個別の宝石のなかで、色・姿・形・ 光り具合をハッキリさせて、これはキヤッアイに合格点に達するとして決定するのです。

チャクラでは、尾てい骨のムラダーラに値するとしてあるので、生命活力の根源を司っ ており、宝石光線に使う時は双方の石とも、他の石とセットで使います。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする