瞑想する時のために(前世を見る時には・・・)の直近情報を紹介中!直ぐにご覧ください。

瞑想する時のために(前世を見る時には・・・)の直近情報を紹介中!直ぐにご覧ください。

アグラに座ります。この石を両手の上に乗せて、心配になっている友人の写真を石の 上に置いて、瞑想する。するとその写真に対する過去の思い出が感じ取れてきます。

但し、あなたの脳組織は、五分も同じ事をイメージできないようになっていますから、たちまち考 えなくてもよい雑念が浮かびます。雑念が浮かんだら写真の人の名前を指名して下さい。 そうしたら、雑念が消え失せます。 脳の意思を一瞬で置きかえる手がかりを、目指してつくるのです。 雑念が生じるたびにそうして消します。その人の過去の出来上がり具合がすべて判明してきます。

その事を、サイコメトリーと呼んでいます。 サイコメトリーに慣れてきますと、前世に気づいてきます。 前世が判るくらいになるのは、早い人だと、1ヶ月ですが、一般人で半年過ぎると誰で も現れてきます。 同じ容積の石を2個用意します。1個は肌につけてもらい、写真は石の上に載せます。 もう一個の石はシャツの上ではなく、肌にストレートにつけてもらってください。

肌に着けると、つけた人間の気持ちが秘められた微細波 となって、あなた自身の五感に伝わります。

10分~20分で胸の内や目の前に紫色の光が見えたり、 白い仏像みたいなのが感じて来ますと、瞑想の達成率はもう そこまで実行できています。 くじけないでおやりになってみましょう。

前世が現れる時は、ほんの瞬間の動きしか識別できないのが、 現状なのです。毎週毎週、連続してテレビドラマのように、見れるものではありません。 馬に乗った、武者が見えると、本人があなた自身だと、キッチリ感知は可能なんです。

また、解説しても理解してもらえるわけでもなく、あなたひとりで理解するのです。 瞑想は時間を掛けて吸う、細く吐く呼吸法がベースになります。

「他呼吸の仕方が瞑想の重要事項だと断定できますので、初期のトレーニングは、毎日行っていますのでお いで練習してください。 その時に、宝石療法と遠隔加持も学ばれたらどうでしょう。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする