大統領府、最速7日で補償金供給へ 中小の企業援助策 WEBサイト申請での最新情報を紹介中!早急にご確認ください。

大統領府、最速7日で補償金供給へ 中小の企業援助策 WEBサイト申請での最新情報を紹介中!早急にご確認ください。

大統領府の危機的状況経済対策に盛られた中小会社・個人経営向けの現金給付の申し込みが判明した。WEBサイト申請の場合では、エントリーから支給まで最速7日、一定水準14日程度を目標にする。最短5月前半にも補充が始まる。給付は基本、銀行振込とする。

現金給付は、業績悪化に苦悩する中小会社支援策の目玉。「持続化給付金」と呼びられ、フリーで働く人を含む個人経営に最高で100万円、資本金10億円に及ばない中小の企業に最大200万円の現金を給付する。

 仕事を問わず、中小の企業や個人経営、さまざまな企業などの活用に期待。1月以降の売上が前年同月比50%以上減らしていることが証明できれば、減収分の12カ月分を限度に給付する。収入は確定申告書のコピーなどを活用して見分ける。

 4月後半にも給付申し込みを担当する事務局を整備する。パソコン操作が不得意な人には、全国の商工会議所で話し合いに乗る。

 近年、食品配達サービスの配達員など、企業に雇われているのか個人企業なのか分かりにくい勤め方が増加しているが、今回の給付では個人企業として給付対象に含める。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする